充血や痒みに悩まされない!花粉対策のメガネの選び方3選


花粉が入り込みにくいデザイン

花粉対策のためのメガネを選ぶ一番のポイントは、しっかり花粉がカットできるようなデザインであることです。できるだけフレームと肌とのすき間が閉じられるように、フレーム周りにフードがついているタイプのデザインが良いでしょう。フード部分が取り外せるものは、花粉対策だけでなく普段使いのメガネとしても活用できます。ただし、フード付きのタイプは激しい運動などをするとずれた拍子に目を傷つける恐れがあるので、スポーツを時に使用するのは避けるのが無難です。

花粉カット以外の機能性

花粉対策用のメガネとはいえ、花粉カット以外の機能性に注目することも大切です。花粉対策のメガネは普通のメガネよりもフレームと肌の密着度が高いため、曇りやすくなっています。マスクと併用すると、曇って見えなくなることもあります。そのため、曇り止め機能の付いたメガネがが最適です。また、紫外線カット機能があれば、強い日差しから目を守ることができます。そのほか、視力の悪い人は度付きレンズに変えられるメガネを選ぶことも大切です。

見た目のおしゃれ度やナチュラルさ

花粉カットの機能性だけを重視してオシャレさを度外視したメガネは、ファッションを台無しにすることもあります。通勤や通学で毎日かけるなら、オシャレさも選ぶポイントになります。フード部分が透明のタイプは、メガネのデザインを損なわないのでおしゃれな見た目となります。フレームも、ゴーグルのようなごつごつしたものだけでなく、普通のメガネのようなタイプもあるので顔の輪郭に合うものを選ぶと良いでしょう。

植物の花粉がメガネに付着すると、視界を奪ったりメガネレンズの内側を曇らせます。メガネの花粉はメガネユーザーを悩ませる厄介な問題なのです。