どれを選ぶ?ぴったりなサングラスの選び方


使用する目的に応じて選ぶ

サングラスにはいくつかの種類があります。それぞれの目的に応じてサングラスを選びましょう。
例えばスポーツタイプの物は、ずれにくかったりレンズが特殊だったりします。当然ファッションアイテムとしてのサングラスはスポーツには向いていません。スポーツ用のサングラスには頭が動いても外れにくく、紫外線から目を守ってくれることが求められます。そのためフレームが汗に強かったりレンズに特殊な加工が施されているものが多いです。
それに対してファッションアイテムとしてのサングラスは激しい運動に向いていませんがデザインが豊富です。サングラスも眼鏡と同じように様々な形があります。おしゃれで使いたい場合は、機能よりもデザインで選ぶ方がよいかもしれません。

顔の形で選ぶ時の方法

顔の形によって似合うサングラスは変わってきます。選ぶ際のポイントは二つあります。
まず顔の形と同じような形の物ではなく異なる形の物を選びましょう。例えば丸顔の人はボストン型、ラウンド型のような丸い形のフレームではなくスクエア型など四角いフレームを選ぶのがおすすめです。顔の輪郭とフレームの形が同じだと輪郭が強調されます。もし輪郭にコンプレックスを抱えているのなら、特に注意しましょう。
次に大きさです。顔の横幅よりもサングラスの幅が小さいと顔が大きく見えてしまったり寄り目に見えてしまったりする危険性があります。反対にサングラスが大きすぎても不格好になってしまうので、できる限り顔の幅とサングラスの幅は合わせた方が良いでしょう。

屋外で運動をする時に、度付きのサングラスを利用すると、日差しを遮ると同時に視力も補うことができるので、とても便利です。